24.大腸炎の原因と治療法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

排便と腸の病気との関連の続きです。 大腸炎は、様々な要因で起こります。ウィルスや細菌、寄生虫などによって起こるもの、放射線や薬によって引き起こされるもの、血流異常によって起こるもの、原因不明なものなどがあり、原因によって治療法が変わります。

大腸炎では、多くの場合で下痢を伴います。細菌など炎症の直接原因になるものや、炎症反応で生じた異物や物質を洗い流し身体の外に排出しようとする働きが強まるためで、肺炎や気管支炎の時にタンが増えるのも同じ理由です。ですから、そういう場合では、下痢やタンは無理に止めてはいけないんです。 タンのない咳や、腸が動きすぎる場baikin_genki.png合の下痢ではそれを止める咳止めや下痢止めの薬を使います。

でも、炎症の原因や不要物質があるのにそれが出ていくのを止めてしまったら、治るものも治らない訳なので、そうすると、その大腸炎の原因をはっきりさせることが大切です。
排便の回数が1日に5回以上になるほどの下痢となると、一時的なものではウィルス性がよく見られます。冬に特によくみられるロタウィルスやノロウィルスが代表的です。ノロウィルスは何年か前にかなり流行って話題になったのでご存知の方も多いかもしれませんね。
ウィルスですから直接効くような薬はなくて、脱水に注意しながら体力の回復を待ちます。稀に、老人などで抵抗力が落ちていると生命の危険を生じます。

ugai_woman_garagara.pngですから第一は予防で、手洗いとうがい。インフルエンザと同じように考えて下さればいいでしょう。 細菌性ですと、やはり一時大きな話題になったO-157や、そこまで毒性は強くなくはない病原菌感染(食中毒など)があります。細菌だから抗生剤がいいかと言えばそうとも限らず、一部の病原菌では、菌が死ぬと中の毒素が出てきてかえって症状が悪化したりします。

ですから、病原菌を身体の外に早く追い出してしまうことが一番なんです。 ちなみに、抗生剤を飲むと腸の中の悪玉菌、善玉菌ともに減ってしまいます。しかし、腸の正常な細菌叢が崩れると普段なら増えることのない細菌が増えて腸炎をおこすこともあります。

そもそも善玉菌がいないと身体の抵抗力は著しく低下するため、いろんな病気を引き起す元にもなるのです。 また、薬剤そのものによる腸炎もありますから、お腹をこわして病院にかかるような場合は、飲んでいる薬があれば必ず申告して下さいね。

23.ポリープやガンなどの腫瘍が見つかったら・・・ 

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大腸内視鏡検査でわかることは、

  • ポリープやガンなどの腫瘍(できもの)
  • 大腸炎などの炎症
  • 形態異常(症状のない憩室など)
  • 色調変化 (下剤を長く常用していた人に起こる、メラノーシスという腸が黒くなった状態など)
  • 圧力センサーを使っての機能検査など (まだごく一部の病院でしかやってません)
  • 異常がないこと

この連載は「排便」について語ることを主な目的としていますが、ポリープやガンなどの腫瘍(できもの)で排便に支障が起こるようになってくれば、それはかなり大きくなってからになります。たかだか2センチくらいのガンでは、よほど肛門に近くない限り、まだ排便にはほぼ影響がありませんからね。早期発見が一番の治療という意味では、排便症状が出た時には遅い、ということになります。 monshin_women.png

ちなみに、ポリープやガンなどの腫瘍の治療の基本は切除、つまり切り取ることです。ポリープと言われる形のうちは、ポリープだけを切り取ればいいので内視鏡で切除・治療が可能です。

それがガンになると、目に見えるガンだけではなく、ガンが進んでいそうなところまで切り取らなくてはいけません。腸の表面に近いところだけのガンなら内視鏡で全部取りきれることも多い。しかしそれが、腸の壁や血管、リンパ節までいってしまっていれば、そこまで全部切り取る大がかりな手術になります。

場合によっては取りきれないということもありえますし、悪性のタイプによってははじめから抗ガン剤などの治療が選択されることもあります。 最近大腸ガンによく効く抗ガン剤治療法も出てきてはいますが、いずれにせよ大腸ガンの治療は「小さいうちに見つけること」が最良ということになります。

ぜひ、チャンスがあれば内視鏡検査、受けておきましょう。 そういうわけで、多くの方はポリープやガンなどの腫瘍ばかりを考えがちで、もちろんそれは当然なんですが、実は大腸炎などの炎症の中にも重大な病気があります。

22.実際の大腸内視鏡検査のやり方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大腸検査の必要性・重要性をご理解いただいたなら、次は実践編。

大腸内視鏡検査は、おしりからカメラ(内視鏡)を入れて、大腸の一番奥(盲腸・バウヒン弁)まで挿入し、大腸全体を観察する方法です。 ※バウヒン弁は小腸から大腸に入ったもの(便)が小腸に逆流しないようになっている部分で、ここよりも奥へ入ると小腸です。ですから大腸検査とはいっても、必要であればこの小腸の出口付近までは観察することもできます。
胃の場合は朝食を摂らないだけで検査ができますが、大腸の場合は、まず大腸の中の便を全て出して、からっぽにしなくては検査ができません。

大腸をカラにするには、検査当日に腸管洗浄液(ニフレックなど)を口から飲んで、腸の中のものを水道を流すように押し流してきれいにする、という方法が一般的です。ただし、このためには約1.5リットル、場合によっては2リットル以上の洗浄液が必要になります。 また、大腸洗浄液の欠点は、万一腸にねじれや狭くなっているところがある場合に、上からどんどん押し流そうとすると、その狭くなったところを通らずに手前がどんどん膨れていってしまうという可能性が否定できないことです。medical_daichou_naishikyou2.png

ですから、そういう狭い状態が予測される場合には腸管洗浄液を使えない、ということもあり得ます。 腸管洗浄液が使えない、またはそんなに水分を飲めないという方には、前々日くらいから下剤で腸を空っぽにしていき、前日は腸の中の残渣を残さない食べ物を摂り、当日何度も浣腸をして腸の中をキレイにする、という方法もあります。
しかし、浣腸液は1メートルも先の腸には届かないこともあり、上から押し流してキレイにする方法に比べると少し残渣が残る傾向があります。

腸をきれいにしたら、恵仁会グループの病院ではほとんどの場合検査の直前に鎮痛・鎮静剤を静脈注射します。これは、大腸は1メートルもあるので、いくら検査医師が上手でも痛みが起こることがあるためです。


このように一度、痛い・苦しい思いをしてしまうと、もう二度と検査を受けたくないと思ってしまいます。 ポリープ(ガンも)は、小さければ内視鏡で切除できるはずだったのに、検査がいやだと思っているうちに進行し、大きくなってしまうと手術でとらなきゃいけなくなってしまう。もちろん転移やいろんなリスクも高くなります。

はじめから検査で痛くなりそうな腸かどうかが判ればいいんですけどね。そういうわけにもいきませんから、恵仁会グループの病院ではよほどの問題もしくは希望がない限り、初めから鎮痛剤を使うことにしているのです。

ですから、初めての方の多く、何度も受けている方でも薬がよく効く方では、眠っているうちに検査が終わってしまいます。「ホントに検査したんですか?」とおっしゃる方もいるくらい。
まぁ、実際に検査にかかる時間は、当クリニックの場合だと10分くらいが平均ですしね。何もなければあっという間です。
※ちなみに、恵仁会グループの大腸内視鏡検査は年間2万件以上と日本一(ひょっとしたら世界一かも?)の件数を誇ります。

で、検査結果を聞いて、何もなければ「ハイ、お疲れ様でした。次回の検査はいつ頃受けるといいですよ」というアドバイスをもらって帰ることになるわけです。

21.大腸ガンの検査とは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大腸検査は、以前は

1.便潜血検査 → 2.注腸検査(バリウム検査) → 3.大腸内視鏡検査medical_daichou_naishikyou2.png

の順に進めていくことが推奨されていました。でも、最近は

1.便潜血検査→3.大腸内視鏡検査
または初めから
3.大腸内視鏡検査
というパターンが増えています。


1の便潜血検査に関しては、最近は随分感度が良くなってますが、やはり疑陽性、偽陰性という可能性は否定できません。

20.大腸ガンは早期発見が大切!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

いつだったか、例の「○○○の本当はコワイ...」の最後に「大腸ガン」が出てきました。 例によって「危険度診断」がありました。

  • 出血がある
  • 便が細い
  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 便秘・下痢を繰り返す
  • 貧血・立ちくらみがする

一個でも該当すると大腸ガンの危険性が高いので、大腸検査を受けるべきです、という診断でしたが、確かにこの症状は、大腸ガン、特に直腸ガンのほとんどでみられる症状です。また、番組に出てた20代?の全員が、何らかの症状がありました。でも、更に言うなら、おしりから血が出たことない人、便が細くなったことのない人って、どのくらいいるんでしょうね?

つまり、どの症状も、痔をはじめ他の病気(体調)でもよくみられる、ごくありふれた症状だってことです。 私としては、この内容には異存はありませんが、それぞれの項目にひとことを付け加えるべきだと思ってます。「いつも・毎回」、または、「だんだんひどくなる」という言葉ですね。 ほんとに「ガン」や「ポリープ」であれば、出血がたまにあるとか、たまに便が細くなるなんてことはなく、「毎回便に血がつく」、「いつも細い便しかでない」、はずなんです。
もっというなら、「出血がある」はともかく、「便が細い」、「何度もトイレに行きたくなる」に関しては、そこまできていれば、早期ガンではなく進行ガンの可能性が高いかもしれません。job_doctor_woman.png

ただ、「ガン」、特に「大腸ガン」に関しては、早期発見すれば、80%以上の確率で治るのではないかと考えられています。 というのも、大腸ガンは、最初からガンであることは少ないんですよ 最初はポリープの形で出てくるものが多くて、ある程度のサイズになると中にガン細胞がまじってくる。

そしていつか、全部がガン細胞に置き換わる「大腸ガン」になるわけで。逆に言えば、「ポリープ」のうちに取ってしまえば、100%に近い確率で治るんですよね。 「症状が出てから」では、もう進行ガンになっている可能性がある。でも、症状が出る前、ポリープの段階で見つければ、なんと、大腸ガンは予防できるかもしれないってことなんです。

だから、私たち肛門科医は、言うんです。 「せっかくこういう病院(肛門科)にがんばって来たんだから、もうこの機会に大腸検査しておきましょうよ」ってね。 たまに血が出るとか、たまに便が細くなる、という程度でガンを思いつめる必要はありませんが、それをきっかけに検査を受けることで、まだちっちゃいガンやポリープが見つかるかもしれない。それで、上手くいけば、カメラで取りきれちゃうかもしれないんです。

同じ日の夜中に、某番組で、やっぱり大腸ガンの話をやってました。大腸内視鏡の専門医が、何とか人工肛門にならないような手術をした、というドキュメンタリーでしたけど。 大腸ガンのイヤな点は、そのおよそ半数が「直腸」、つまり肛門のすぐ近くにできるってことです。だから、大きくなってからだと手術で「人工肛門」をつけないといけなくなるわけで、それに対する恐怖心が一般の方には非常に大きいと思われます。「大腸ガン」と聞いただけで「人工肛門」と思っちゃう方もいらっしゃるくらいです。

でも、だからこそ、症状が強くなってからでは、おっきな手術をしなきゃいけなくなるからこそ、大腸ガンは、早期発見がもっとも大切です。
また、それがかなえば「治せるガン」である可能性がとっても高いんです。 みなさま、チャンスがあればぜひぜひ内視鏡検査をお勧めします。
ツラくないですよ。次回はその話の予定です。

19.医学は元々経験則から生まれてきた学問

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

よく、胃の調子が悪くて下痢している、という言い方をしたり、風邪でお腹を壊すと「胃腸炎」なんて言われたりしますが、いささか乱暴な・・・というかおおざっぱな分類だな、と思ったりすることはあります。nigaoe_kitazato_shibasaburou.png

なんで胃が悪くて下痢?
胃腸炎って検査もしてないのになんでそんなことがわかるの?
しかも、胃も腸も両方炎症おこしてるわけ?
なんて、このあたりの話やあと「胃けいれん」とか、曖昧で便利な病名や状態をあらわす言葉について重箱の隅をつついても仕方ない訳で。

確かに、ちょっと胃の辺りがむかついたり痛かったりするくらいでいちいち胃カメラしてたらキリがありませんものね。
胃炎も腸炎も、今はカメラで見て確認して「こういう状態をナントカ胃炎という」って決まりは一応あるんです。


私も昨年胃の具合が悪くて胃カメラ受けましたけど、「綺麗な胃ですね。何でもないですよ」ということでした。
確かに、我ながらキレイな胃粘膜でしたけど(笑)、カメラで見て何もなくたって痛いもんは痛いですしね。

目に見えるものだけで「あなたには検査で異常がないんだから薬はあげられません」って言われても困る。

何が言いたいのかというと、目にみえるものだけを医療の基準・根拠にしすぎてはいけないなということです。
医学は元々経験則から生まれてきてるわけで、早い話、風邪を「風邪」と確定診断し証明する方法はないんです。

曖昧で、ファジーな部分は医学・医療からなくならない、無くせない。それでも一つ一つ、こういう状態を「胃潰瘍」、こういうものが見えたら「クローン病」、血液検査でこれがあれば「リウマチ」って積み重ねて、何とか客観的な形にしようとし続けていかなくてはいけないのも医学。

お腹がはる、便秘・下痢を繰り返す、排便前にお腹が痛い、という症状があれば「過敏性腸症候群」と診断をつけるのは、臨床的に言えば正しいでしょう。でもそれは、本来は除外診断でしかない。 検査で異常がないことは確認しておくべきで、でないと医学の進歩も望めない。
また、一番怖いのは、「過敏性腸症候群」だから、「常習便秘」だから、また「痔」だからといって、それだけでは「腸に病気はない」という証明にはなっていないんです。

18.便秘にはもっと他の原因があるかも・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

さて、いろいろな角度から排便を分析してきました。
排便が悪いとなったときに一番気を付けなければならないのは・・・それ(便秘、下痢、排便障害、腹痛など)、ほんとにただの排便異常?

pet_nekosuna.png他に原因あるんじゃない?ということです。
つまり、排便異常の原因は他の病気にあり、そのために排便がおかしくなっている、という可能性を忘れてはいけないということですね。 内分泌系(甲状腺機能低下症など)、神経系(パーキンソン病など)、免疫系などの内科的な病気そのものでももちろん、それを治すための薬(抗鬱剤など)の副作用で排便がおかしくなることだってあります。

日常よくみられるものでは、抗生剤で腸内細菌叢が変化し、それが原因で腸炎をおこして排便がおかしくなる。また、咳止め薬などでは腸の動きも止まってしまうので、便秘になります。これらは風邪や気管支炎などでもよく使われる薬ですよね。このような薬を飲んでいるときに排便がおかしくなる。特にひどい下痢や腹痛、発熱などを伴う場合は早急に対処しなくてはなりません。

ですから、治療中の病気がある方の場合は、便秘くらいとか思わず、薬を変えるなどの対処も含め、主治医にきちんと報告するべきでしょう。自己判断で下剤に手を出すと、さらにそのために状態が修飾され、何が問題なのかがわからなくなってしまいますからね。 内科的な病気以外にも、脳の病気や整形外科的な問題(腰痛など)、妊娠や出産・授乳など産婦人科的な問題から排便が狂うことだってあります。

とはいえやっぱり、「排便がおかしくなる」といえばまず疑わなくてはいけないのは「消化器」、特に胃腸の病気ということになります。

17.レクトシールの検査方法と病院での治療

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

kenkoushindan_woman.png

軟便剤で排便が軟らかくなり、自覚症状がなくなればレクトシールの治療はそれでOKなんですが、もしも、便が軟らかいのに、肛門で引っかかる症状が強い場合は、手術治療になります。

肛門の拡がりが悪いタイプでは、日帰りで、肛門をもうちょっと拡げる手術だけでもいいことはありますが。残念ながら大抵はなかなかそれだけではうまくいかないですね。 というのも、そういう方では長~い便秘歴の中で、すっごくいきんで、長時間かけて排便をするようなことをしてることが多いのです。

そうすると、前側の壁だけじゃなく、直腸肛門を支える筋肉群:骨盤底筋群の全体が弱ってることが多いんです。なので、前側の壁を補強するような手術をしたり、もうちょっとひどいと骨盤底を補強して、直腸肛門全体を排便しやすい形に治すような手術をすることもあります。

この場合は入院手術ですね。 どのようにしてそのレクトシールを治すのかという治療方針を決定するためには、デフェコグラフィーという検査を行います。
これは、肛門から、胃の検査にも使われるバリウムを入れて、それをいきんで排出するときの肛門や直腸の形・動きをみるというもので、レクトシールの大きさや程度、またその周囲の状態を観察できます。 ちなみに、骨盤底筋群が弱くなってくると、直腸だけでなく、子宮や膀胱が膣から出てきたりする「子宮脱」「膀胱脱」という状態を併発することもあります。

drink_fruit_flavor_detox_water.png

逆に、子宮筋腫などの病気で子宮をとってしまうと、その空いたスペースに腸が拡がったり、子宮を支える筋肉をいじったためにレクトシールが悪化することもあります。 女性が「便秘」を訴える場合には、こういうこともあるというのを、知っていると知らないとでは大きな差があります。
安易に宿便だ、毒素だ、デトックスだなんていう「流行り」に踊らされることなく、何が自分にとって必要なことなのかを、冷静に考えてみることが大切かもしれませんね。

16.レクトシールの治療方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

レクトシールは、直腸と膣の間な壁が弱くて、便を出そうと息むと、その壁がたわんで便がはまりこんでつかえてしまい、出しにくくなる状態という話までしました。

実はこの「壁の弱さ」そのものは、女性の多く(過半数)にみられる状態で、子供でも報告があるくらいです。ただ、この「壁の弱さ」が問題になるのは、

  • 便が固いとき
  • 肛門が開きにくいとき

便が固いから、壁を強く押す形になるため、そのたわんだ壁のところに便がひっかかる。
つまり、レクトシールがあっても、便が軟らかい人はそれに気付かないんですね。

また、肛門が大きく開けば多少ひっかかっても出せる訳で、これも便秘症状が現れにくい訳です。 ですから、レクトシールの治療の第一は、いかに便を軟らかくするかにかかってきます。
前からお話している自分の努力で排便がうまくいけばそれがベストです。

でも、そもそもそれが難しくて息む、息むから壁が押される、押されるから壁が余計にたわみやすくなる...という悪循環を繰り返している訳です。

そうすると、治療には多くの場合「軟便剤(緩下剤)」が使われることになります。一番よく処方されるのは酸化マグネシウムという薬で、便の中の水分を保つ作用があります。
腸を刺激する下剤と違い、腸を無理矢理動かすわけではないから腹痛が起こりにくく、習慣性もありません。

column_12.png

15.レクトシール:直腸膣壁弛緩症、直腸瘤

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

直腸性便秘の次はいよいよ、レクトシール。 直腸膣壁弛緩症とか、直腸瘤(ちょくちょうりゅう)とも言います。

名からはなんのことか非常に分かりにくいですが、女性に特有の排便障害(便秘)です。 簡単にいうと、肛門が拡がる大きさよりも、直腸下部が大きく拡がり過ぎる傾向がある状態です。

job_doctor_woman.pngこのため、便が固いとすっごく太くなり、肛門から出せないくらいになってつっかえてしまう。もしくはコロコロ便が、肛門の真上に落っこちてこないで、拡がった直腸の端っこに落ちてきてそこに引っ掛かり、息んでも便が肛門の周りの方へ溜まっちゃって、穴の方へやってこないから出しきれないという状態です。 女性は、骨盤内が男性より大きいため、直腸が拡がるスペースがたくさんあります。それだけでも、この症状は男性より起こりやすいんですね。

もうひとつ、これが「女性特有」と言われる理由は、直腸の後ろ側には仙骨という骨盤を支える骨があるので、それ以上直腸が拡がることが出来ないんですね。

ところが、女性の直腸前側にあるのは「膣」、つまり、空間なんです。 男性の場合は、直腸の前側には前立腺やその周囲組織があるので、それらが「強い壁」になって、直腸はそれ以上拡がることはできませんが、女性の場合、そこには薄くて弱い壁一枚隔てて「空間」になってしまうので、直腸の中の圧力が高まると、その壁が負けちゃうんですね。

「圧力」とはつまり「便」のこと。便が直腸下部/肛門上に来たときに、その便が軟らかければそのままスムーズに肛門を通って外へ出ていきます。しかし、便が固いと、便自体が直腸の壁を押して弱い方へ、弱い方へと直腸を拡げてしまう。その一番薄く弱いところが直腸と膣との間を隔てる壁なんです。ですから、その壁が便の圧力で押されると、ぐーっと直腸の前側が押されて、膣の方へ向かって便が溜まってきます。手でさわると、その肛門の前側の部分が便で押し出されるように膨らんでくることも珍しくありません。virus_hand_clean.png

ですからこの状態を見て「直腸瘤」とか「直腸膣壁弛緩症」という名前がついたんですね。それを英語で言うとrectocele:レクトシールなんです。 こういう場合、その膨らんだところをグッと肛門の方へ向けて指で押してやると、便が肛門から出やすくなります。これを「用指排便」といいますが、実はそう珍しくはありません。大体が、レクトシール自体実は全然珍しくなくて、女性の7割くらいはこのような状態であるという統計もあるくらいなんですから。